朝市に行こう
産直朝市(1)  01.02.13

近所の農協が、農家の朝市の仲介をやっています。
主に近所のおばあさんが畑(家庭菜園)で作っている野菜で、
自分の家では、たべきれない分を、小分けして、
値段を決めて、売るのです
あるいは、市場に出せなかったものが出されます。

農協の倉庫前の軒下が、市場です
火曜の8時から8時30分の間に、商品を台に並べます。
8時30分から販売です。 一日売っています。

農協の店員さんが、レジ係をして、
後日、回収した代金から手数料(約1割)を引いて
出品した人に支払うと言う形です。

お客さんは、というと、
主に、野菜を持ってきた農家のおばあさんが、
かわりに自分の家にはない野菜を買っていく、
というパターンが一番多い。

余り物のぶつぶつ交換とでも言いましょうか。
もちろん野菜を作っていない一般の人も買いにきます。

田舎の農協なので、近所の家はほとんどが、兼業農家。
ということで、野菜もやすくて、物が良くて、珍しくないと売れません。
物が良いと言うのは、形がよいということでなくて
出来栄えがよくて新鮮なことです。
家庭菜園ではほとんどが農薬を使っていないので形はわるい
また、珍しいというのは、時期がずれているとか、
今年は、どこもうまく出来なかったものが、出されるということです。

前日か、もしくは朝取ってきた野菜や、漬物などが並びます。
値段は、というと、これがまた安い。
大きい白菜が、1つ50円だったりする。
きれいなさつまいもも、5本入って50円ぐらいでないと売れません。
都会の人が見たら争って買っていきそうなものばかりですが
どこの家でも作っているものは、買い手がありません。
残るものもあります。
ちなみに近所のスーパーでは、同じような白菜は200円ぐらい、
さつま芋は1本180円しています。

おばあさん達には、自分の畑で作った野菜や、漬物に
自分で値段をつけて売るという楽しみがあります。
同じ物を、出している人は多いですから、
その小分けの量と、値段の関係と、もののよさが勝負です。
値段のつけ方が難しい、高くてはもちろん売れません。
あまりやすくても甲斐がないし
近所のスーパーの値段はほとんど当てになりません。

けれども、きれいに小分けして、頭をひねってつけた値段の商品が、
いち早く売れるとうれしいものです。

そんな、おばあさん達の楽しみでもあり、
あまった野菜の有効利用でもある、朝市は、
なかなか良いものだなあと、関心してしまいました。

地域で生産した物を、その地域で消費する
これが理想の形だといいますが、
このような、余り物の直売所が、都会にあれば
いうことは、ないようなきがします。
都会といわなくても、近所の団地や、農家でない地域に
誰かが運べば、大変良い仕組みが出来そうな気がします。
でも、その量と、金額では、おそらく事業にはならないのでしょうか。
田舎の、食品フリーマーケットです。
朝市の形態や、主催者にはいろいろあります。
基本的には、場を提供しているという形で
JAや、公民館、地方自治体、が活性化をすすめていますが
ほとんどのグループが、NPO的であります。

戻る目次