朝市に行こう

朝市の深い意味?  −朝市の面白み−   01.03.06


朝市の深い意味?  −朝市の利用−   01.03.06


朝市の深い意味?   01.03.06

−朝市の意味−

普通、畑で腐らせてしまうようなあまりものや、
捨ててしまう、規格外品などを、有効に利用するためには
朝市は、大変よい仕組みです。
田舎のおばあさんの楽しみにもなります。
(おじいさんは、あまり関心ありません。)
消費者にとっても、新鮮な近郊の野菜を
安く(スーパーの半額ぐらいから8割ぐらい)、買えるのは、
うれしいことではないでしょうか?

朝市の形態は、100軒以上のスーパーが、
同じ棚に野菜を並べて売っているようなものです。
実際にはそんなことはありえませんが、もしあったとしても、
おそらくそれよりも、はるかに面白いと思います。
また、個人が、別々に販売するフリーマーケットとも
全く違った面白みがあります。

大量生産、大量消費の時代から
新しい時代に変ろうとしている今、
朝市の現場では、
たくさんの個人の個性と価値基準が、作り出した、
いろいろな個性と価値の商品が、一箇所に集まって
そこで、他の人にはわからない共感が生まれて
作り手も、買い手も、うれしくなること
そんな場で、人にはわからないそれぞれの価値が
共感しあって独自に流通していくこと
それがほんとに、身近でリアルに感じられます。

食という分野だから余計に現実的なのでしょうか。
(今晩のおかずですから)
安全安心健康まで付きまといますし。
作り手と、買い手の見えないパートナーシップも
感じられる気がします。NPO的です。
朝市では、生産者も消費者も近所の人というのが、
また、親近感の強い理由かも知れません。

一見、古くて原始的なやり方の中に、
これからの新しい流通の形態がみえた気がします。
しかし、
これで生産者が、生計を立てられるかというと無理な気もします。
価値の高いものが値段が安すぎて、流通量が少なすぎます。
だから人気があるのですけど、
もうひとつ何かが必要です。
もう少し高くてもみんなが利用するような何かが。
例えば、消費者の、食に関する認識とか
もっと強いパートナーシップとか

ネットの世界も
オークションなどは、おおむねそんな感じなのでしょうが、
私には、なんか実感がありません。
身近でないし、実感が乏しいのです。
やはり、アナログな人なのでしょうか?
現物がないとだめなのです。
(今日のおかずでないとだめなのです??)

もっとも、朝市は、現場現物、地産地消
(地域で生産したものを地域で消費する運動)
ですから、ネット上では成立しないでしょうけれど、
ネットでできることより進んでいる気がします。

皆さんはどう思いますか?


戻る目次