もう一つのIT講習

Webサイト丸ごと取得手順       01.09.12

ホームページ丸ごと取得のための、手順(1.2.は省略可能です。)

1.ウイルス対策ソフトのイントール
 これは、ネットを使っていく上では、必ずいります。
 ウイルスは怖いです。すぐ広がります。

 ノートンアンチウイルスの導入(アプティバの場合)
 (アプティバに付いてますウイルス対策のソフトです)
 1)添付のアプリケーションソフトのCDに入っています。
  そのCDをパソコンで開いてください。
 2)その中の、Norton AntiVirusのインストールを、選択し導入する。
  インストールが始まりますので、最後まで続ける
  インストールが完了したら、
 3)ウイルス定義の更新をする。
  (最新のウイルスのパターンを、
   このソフトの製作会社のサーバーから取得する。)
  スタートメニュー(画面の左下の、スタートボタン)を押し、
  上にメニューが伸びたら、プログラムの行 を選択
  その中に、Norton AntiVirusの行があるので、選択
  その中の、LiveUpdateの設定を選択して、
  接続方法をインターネットにする
    
  もう一度、スタートメニューから、プログラム−>Norton AntiVirus
  −>LiveUpdate− AntiVirus を実行

2.解凍ソフト(アーカイバー)をダウンロードしてインストールする。
 今回は、必要ないので、省略可能です。
 今回ホームページ取得に使う、GetHTMLというソフトは、
 自己解凍します。
 よって、今回はいりませんが、解凍するためのソフトの
 ダウンロード、インストールの方法は、以下です。
 
 Lhasa32 0.17 という名前のソフトは、解凍するためのソフトです。
 1)上の行をクリックして開いたページよりダウンロードします。
  FTPダウンロードボタンをクリックし、
  保存先フォルダーを指定して保存する。
  保存先ホルダーは、マイドキュメントなどに、
  Lhasa32というフォルダーを作っておいて、そこに保存します。
 2)解凍+インストール
  保存したフォルダーを開き、lhasa017.exeを、ダブルクリックする
  解凍+インストールが始まります。Okを押す。完了

3.ホームページ丸ごと取り込みソフトのダウンロード
 GetHTMLW 7.9.1  このソフトをダウンロードして、使います。
 1)この行をクリックするとダウンロードのページが開きますので、
  FTPダウンロードボタンをクリックし、
  保存先フォルダーを指定して保存する。
  保存先ホルダーは、マイドキュメントなどに、
  GetHTMLWというフォルダーを作っておいて、そこに保存します。
 2)解凍する
  保存したォルダーを開き、GetHTMLW7.91.exeを、
  ダブルクリックすると自己解凍します。
  このソフトは、解凍しただけで使えます。インストールは要りません。

4.ホームページの取り込み作業
 解凍して出来た、GetHTMLW.exeをダブルクリック
 取得したいサイトのURLを指定して、OKを押す。
 この際、URLが違うと致命傷になります
 (大文字小文字なども含めて)ので、
 URLを、コピーしたいページを、一度ブラウザーで表示して
 ブラウザーのURLの部分を、切り貼り(カット&ペースト)するのが
 確実です (サイト:Webページの集まり)
 
 取得中・・・・・・・・・、1時間ほど待つ。完了



戻る目次