もう一つのIT講習

フォルダーを作る        01.09.13

フォルダーについての基礎知識

フォルダーとは、
コンピュータ内の
補助記憶装置(ハードディスク等)の中の場所の名前です。
書類をはさむフォルダをイメージして命名されてます。

記憶装置内の場所を、解りやすく整理するために
プログラムや、ファイルの分類ごとに分けてあります。

フォルダーは、入れ物のイメージなので、
フォルダーの中にも、フォルダーが何重にも入ります。
フォルダーの中のフォルダーの事を、サブフォルダーといいます。

Windowsパソコンの大まかなフォルダーの階層は
解りやすい様に、デスクトップが基点で、
マイコンピュータから、ドライブ(C:やA:)ごとに分かれています。
実際の物理的な場所とは、少し異なりますが、
(デスクトップは本当は、Windowsフォルダーの中にあります)
解りやすい様に、こうなってます。

そのイメージは、エクスプローラを開くと解ります。
ファイルやフォルダーの管理をするソフトです。
スタートメニュー−>プログラム−>エクスプローラで開きます。

ディレクトリーと同じです。
ウィンドウズ以前や他のOSではディレクトリーと言われていす。
ですからフォルダーとディレクトリーは、ほとんど同じ意味です。

ファイルやフォルダーの操作
フォルダーや、ファイルは、自由に作り、コピーし、
移動することが出来ます。
どんなファイルでも、自由に消すことが出来ます。

自分なりにいろんなことも出来ますが、
簡単に(意識せずに)パソコンをおかしくすることも出来ます。
設定や、ソフトの導入も個人個人で思いのままです。
でも、動かなくなったり、おかしくなったら、自己責任です。
直す能力が必要です。
誤ったファイルの操作でおかしくなった場合は、誰にも直せません。
復活の近道は、初期状態に戻すことになります。
このような前提を認識して操作します。

フォルダーをつくる場所
自分で作るファイルやフォルダーは、
大体、マイドキュメントの中か、デスクトップ上に作る場合が多いです。
なぜかというと、ぱっと見も、後から見も解りやすいからです。

マイドキュメントの中にフォルダーをつくるには、

1.マイドキュメントを開きます。
2.マウスの右クリックでショートカットメニューが出ます。
3.その中の新規作成を選択
4・その中のフォルダーを選択
5.フォルダアイコンが出来て、新規フォルダーという名前が反転
  してますので、その新規フォルダーという名前を、
  好きな名前に変更してEnter。

6.後で名前を変えるには、フォルダー名を、右クリックし、
  ショートカットメニューの、名前の変更を選択し、変更する。

これで出来ました。
ここに何を入れるかは、あなたの目的次第です。



その他よく使われるフォルダー

ProgramFileフォルダー
インストールする市販のソフトのフォルダーは、
わかり易いように大体、ProgramFileフォルダーに作られます。

ルート(root)ホルダー
C:ドライブの一番基点のフォルダーを、Cドライブのルートといいます
root directory (C:\)
ここに、フォルダーを作ることもあります。

Wimdowsの一時フォルダーは、
Windowsフォルダーの中の、Tempフォルダーです。
(C:\windows\temp)
テンポラリー(一時的な)ファイルやフォルダーを入れます
クリーンアップをすると、中身が全部消されます。

Windowsフォルダーには、システムファイルが入っています。
消さない様に。移動しない様に



戻る目次